資産価値がある

職人が丹念に制作した一本は芸術品と同じ

高級時計について少し調べてみますと、値段の高いブランドのものでは数百万円から1000万円を超える金額の商品が当たり前のようにあることに驚きます。庶民の感覚では、時間を知るためになぜそこまでお金をかけるのかと思ってしまいますが、高級時計には富裕層を魅了してやまない理由があるのです。
数多ある理由の一つに資産価値があるというものがあります。腕時計は工業製品ではありますが、高価な貴金属が多く用いられていたり、腕利きの職人が何カ月もかけて製作するだけの人件費がかかっています。これは宝石や芸術品と同じような価値を持ち、極端なインフレに陥った場合でもそれに合わせて価格が上がるという実物資産の側面があるのです。簡単に損なわれることの無い価値にお金を使うと言えますね。

価値の普遍性を求めるのであれば定番のデザインを

発売されて何十年も経過した腕時計が2本あるとします。一つは当時流行したデザイン、もう一つは定番のデザイン。今どちらかを購入するとしたら、定番のデザインの方を選ぶ人が殆どだと思います。
限定モデルなどはそれだけで希少性があり、発売されてそれほど期間が経過していない間は非常に高い価値がありますが、長期に渡って保有する資産の一つと考えると定番のデザインの方がリスクが少ないと言えます。
高級時計の資産価値について触れてきましたが、それでも大事なことは自分が最も惚れ込んだデザインの時計を手にすることです。その時計と一緒に過ごす時間は何物にも代えがたい幸福な時間です。それに価値があるとなお良い、くらいに考えておくのが粋なのかも知れません。